10 June, 2011

6月。

foot prints



昨年の4人の猫写真家による写真展。「4色の猫」から一年。
メンバーの池口正和さんが、今年も渋谷で写真展を開催されます。
今年は、大阪で猫写真を撮り続けている阪靖之さんと二人で「東京・大阪2都猫物語」を展示します。

渋谷ギャラリールデコ 5F
2011,6,21(Tue) 〜 6,26(Sun)
11:00 〜 19:00 (最終日は17:00まで)

池口さんは、僕が、猫の写真を撮り続けてきた中で、とても強く、似た匂いを感じ、
そして、その瞬間と表情を写し撮った写真に物語を感じる、尊敬する写真家です。
そんな池口さんが、写真を撮り始めてから、一番影響を受けた、と語られている阪さんとの二人展。必見。

また、なんと同会期中に、

6F「東京湾岸のねこたち」星野俊光さん
3F「東京猫物語ukiさん、kotakuoさん、peeさん
2F「うつくしきねこたち」しぐさん、Kiryuさん、カワヰヨモギさん

渋谷ルデコに4つの展示。
いろんな視点で、いろんな猫の表情、しぐさ、そして写真の世界が楽しめる展示だと思います。

さらには、写真集「東京・大阪2都猫物語」と、写真集「東京湾岸のねこたち」も発売決定!

とても、楽しみ♪



さ、自分のこともやらないと、ね。

2 comments:

ゆうたん@ said...

こんばんは^^
この記事の写真に私は物語を感じます!
物語が「浮かぶ」のではなく「感じる」。
私にとっては、写真を見た時に心が揺らぐ=物語を感じるんだと思ってます。
そんな写真を撮る方々に巡り会えたこと、嬉しく思っています。
池口さん&阪さんの写真展、そして「東京猫物語」写真展、両方ともとっても楽しみ!
池口さんの個展に、ssezさんが続いてくれるといいな~^^

ssez said...

>>ゆうたん@さま
うれしい言葉、いつもありがとうございます!
自分で、似てるっていってしまうのも、逆に池口さんに失礼な気もするのですけれど。
正直なところ、、シャッターを切る瞬間や景色を切り取る距離感に、とても近いものを感じるのです。
なので、池口さんの写真を見ると、おぉぉぉ、、、悔しい(苦笑)

そんな池口さんと、でじにゃんの阪さん、ほんと必見の写真展です。
たぶん、すっごく悔しい思いをするんだろうなぁ(w
とても楽しみにしています〜