02 September, 2018

8月33日

Plant cabbage seedlings for winter


 お盆を過ぎたあたりから、畑の様子ががらッと変わった。夏の入り口からどこまでも遠くへ蔓を伸ばしていたキュウリはその大きな葉を黄色くした途端、空へ伸びたまま絶命した。畑の紅一点、彩だったトマトはすっかりと雑木林のように生い茂り、すでに小さい実しかつかなくなっている。とり損ねた実は地面に落ちて、そこから新たな芽を出していたり、枝になったまま大小様々な芋虫に中身の美味しいところだけを食い破られていたり、畑はけっこう壮絶でドラマチックだ。
 食べることを最重視するならば、やっぱりまめに足を運んで様子を見て、水をやり、虫をとり、と手間をかけてやらないといけないもんですな。食べることを最重視するならば農薬をしっかりと散布する、という手もあるわけですが。こうして自分で作って、自分で食べる側になって見ると、農薬絶対反対!ともいえず、かといってガンガン農薬使って虫がつかないように育てよう!という気にもなかなかなれず。食べるものを作る難しさというものも、ひしひしと感じています。
 写真は、冬に向けて植えたキャベツの苗。苗を植え替える際には根瘤病を抑えるネビジンという殺菌剤を土によく混ぜ、蛾の幼虫ダイコンシンクイムシに若葉や成長点を食べられてしまわないように殺虫剤をまく。お膳立てを整えたらあとは天気と土が作物を成長させていく。年末までには美味しいロールキャベツが食べられるだろうか。


 大番狂わせで大いに盛り上がった甲子園を終えると、あとの8月は、映画館の会場の灯りがつくのを待ちながら、なんとなくエンドロールを眺めているような夏の終わり。



Roadside of Utsukushigahara Plateau



See the city of Matsumoto from afar



Metoba-gawa Riverside walk Matsumoto NAGANO


Sunset at Hirase-bashi Bridge Azumino,NAGANO



 写真は7月中旬、スケジュールの隙間に思い立って走りにいった信州の夏の日。この日は本当に夕焼けが綺麗で町中の人が空を見てた。この夕焼けをここで見れたから、この夏、乗り切れた気もする。

 SR400を迎え入れたのが7月1日。あの頃からありがたいことに仕事の連絡が続いていて、その代わりバイクに乗って出かけることができない。まるでこの夏の畑と区民プールの往復のために買ったような気もする。もしかして仕事を連れてきてくれる幸運の黄色いオートバイ?それはなんともありがたい話だけれど、少しは一緒に遠出したいんだけどな。隣で妻が、バイクはどこにも逃げないからいいでしょ、と笑っている。


 目まぐるしく変わる空模様で、毎日がどんどん塗り替えられていく。久しぶりに子供と一緒にちびまる子ちゃんを見て、風呂入って、一杯飲んで日曜日を堪能しよう。今年の夏は8月33日まで。いつもより少しだけ長かった8月も今日で終了だ。


A river that tells autumn


27 July, 2018

夏はどこまでも夏だ

夏空




 夏が好きです、とっても。撮影前に駐車場でひとしきり汗をかく季節。あおげば青空、夏の空。

 夏好きのぼくとしてはいつまでもこの季節が続いて欲しいけれど、そういうわけにはいかないから、だからいいんだろうとは思っている。夏の取材はひと段落。けれど今年はまだまだ撮影が続く。ありがたいことだ。

 撮影はライブだと思う。日々の鍛錬と準備を怠らず、いつでも実力を出せる準備をして、そして瞬発力と持久力で現場に臨む。頭の中はそのことだけに集中して、撮影が終われば、また次の撮影のことを考える。明後日のことを考えながらは撮れない。目の前にあるものをどう撮るのか、経験と技術という引き出しをフル動員して乗り切る。この夏は、珍しく慣れないことをひとつ引き受けてしまった。現場に入るまでには想像力をフル動員して準備に準備を重ねる。慣れないことをするときは、延々とその時間が続く。終わりそうもない。なんだかとても手離れが悪く、頭をうまく切り替えることができない。少し困惑している。たまにはそんな時間も必要なのかも、と前向きに捉えつつ、日々の撮影を続けて行く。瞬発力を最大限に上げていこう。

 ということで、せっかくの夏なのに、バイクに乗って出かける時間がない。少し前に思い立って信州へ走りにいっておいて本当によかった。いまはあの日の夏空を思い出しながら、東京の夏空を見上げる時間。



AZUSA-Gawa.River NAGANO 2018
写真は信州松本県道25号、通称山麓線にかかる梓川橋。
欄干が綺麗に塗り直されていて素敵。こうして気楽に停車して撮影を楽しめるのもバイクのいいところ。



「夏はどこまでも夏だ」
このフレーズが10代の頃から耳から離れない。
丸山健二さんの「見よ、月が後を追う」からの一文は、ぼくの夏のイメージそのものになっている。
時間ができたら、ゆっくり読み返したい一冊。


夜はどこまでも夜だ、
夏はどこまでも夏だ。

私たちは走っている、
私たちは流れている、
私たちは動いている。

見よ、月が後を追う

「見よ、月が後を追う」より  丸山健二 著 文藝春秋 


SUMMER TOURING IN NAGANO 2018
写真は梓川の土手の上。SRは足つきもいいし躊躇せず砂利道へ入っていける。いえ、フラットダートへは行きません(w

週末は台風が来る。
雨風、被害が出ませんように。











03 July, 2018

Back to Basics

SR400 60th Anniversary

YAMAHA SR400 60th Anniversary                    

 17年ぶりにバイクに乗った。今日もいい天気だ。

 正直なところ17年のブランクでかなり緊張した乗り出しだったけど、身体はしっかり覚えているもんだ。右側がアクセルとブレーキといった速度の挙動のコントロール。左側がエンジンとミッションをつなぐギアチェンジのコントロール。右手でアクセルを軽く開けながら、左手でクラッチをゆっくりとつないでいく。左足のつま先でシフトを操作しながら右手右足でブレーキを操作して車体の姿勢をコントロールする。
 遠心力に時に身をまかせつつ時に踏ん張りつつ、向かう方向へ視線を向けるとバイクはピタッと自然にその方向へ進む。この感覚はスキーに似てる。あ、スキーももう17、8年行っていないんだった。両手両足を絶え間なく動かしながら移動していく。
 信号で停止したらギアをニュートラルに入れクラッチをリリース、右足でリアブレーキをかける。アイドリングは心地よい振動とともに身体を揺らす。しばらく走ると両膝の間からは強烈な熱気とともにエンジンの存在感が立ち上ってくる。涼しげな印象のあるバイクだけど、夏はエンジンを抱えて走っているわけだからとにかく熱い。この感覚、そうそう、だんだん思い出してきた。信号がかわってスルスルと走り出すと、ヘルメットをかぶった頭には排気音と風切り音だけしか聞こえなくなる。速度が上がると風圧も上がる。どこかからカレーの匂いがする。日陰を走ると空気がひんやりとする。あ、蝉が鳴いている。空間で移動する車と違って、身体剥き出しのまま、いろんな感覚も剥き出しのまま、全身で移動している。

 バイクって、本当に面白い乗りものだと思う。いつもあたりまえに通っている道が、まったく違う世界に感じられる。






  YAMAHA SRは400ccの単気筒。スタンダードでオーソドックス。製造されてから40年間、デザイン的に大きな変更をせずに生産され続けて来た日本のバイクらしいバイク。いままでいろんなバイクに乗って来たけど、40歳を超えて長いブランクのあとに乗り出す今のぼくにはピッタリだと思っている。

 Back to Basics。

 写真は20年ほど前。当時の愛車Vmaxと妻のYB-1。SRのトコトコと走り出す感覚は、単気筒のYB-1に通じるものがあるかな。YAMAHAらしい曲線の美しさと、Vmaxを思い出す懐かしいイエローのタンク。ぼくにとってSRは、そんな愛着が湧いてくるバイクだ。






Goodbye, a bicycle for children
 
 うちの子たち二人とも自転車に乗れるようにしてくれたスヌーピーの黄色い自転車。もとは兄のところで姪が使っていたもののお下がり。
 この自転車が姪とそして娘二人をいろんなところへ連れて行ってくれた。それまでの公園で乗ってた三輪車でもなく、母親の自転車の後ろでもなくて、自分で漕いで進んで、どこまでもどこへでも連れっていってくれる乗りもののはじまり。今はもう小さくなって誰も乗れなくなってしまったので、ここでお役御免。長いことお疲れさまでした。ありがとう。
 この自転車と入れ替わりで、我が家に新しくきた黄色いバイク。こいつはぼくたちにどんな景色を見せてくれるんだろう。


  17年前にご心配かけたみなさん、ごめんなさい。また帰って来ちゃった。安全第一で自分を活かす趣味として楽しんでいこうと思います。



afternoon's Riverbed

 さて、今日も朝からいい天気だ。
 梅雨明けの日差しが容赦ないけれど、風通しいのいい土手の上までちょっと走ってこよう。












25 June, 2018

夏の入り口

The beginning of summer harvest of the field in 2018



 このひと月で、畑の様子は一変した。トウモロコシは背丈ほどの高さに伸び見通しが悪くなった。緑の葉だらけになった畑には、いよいよトマトがポツポツと赤い彩りを添えている。キュウリはしばらく収穫しにいかないとウリのようなお化けキュウリに。低いところにナスも実をつけはじめた。秋までのんびり楽しめるかな。

 梅雨の合間に、夏の入り口みいつけた。







02 May, 2018

さて、お昼は

chinese-style fried rice




 銀座、中華三原。この五月から夜営業のみと。Nikonのサービスにカメラを預けて昼ごはんに三原でタンメン、ができなくなるのか。残念だけど、続けられる形で末長く続けて欲しいお店と料理。そして、今日こそはチャーハンを頼もうと思いながら妻と二人でうかがったこの日...。





Japanese tradisonal restaurant at Ginza TOKYO


Tanmen, Chinese-style stir-fried vegetable noodle soup



 頼んだのは、やっぱりタンメンでした。日頃のルーティンからなかなか逃れられない。美味しいんだよなぁ。いつも通り半分ほど食べたところででたっぷりお酢を回しかけ、いただきました。(妻は揚げ焼きそば、こちらも食べきれないほどの野菜と麺のボリューム)

 やはりチャーハンは次の機会に。ルーティンは自分の思いとは別の形で変えざるをえなくなって今度は夜営業の中華三原で。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
中華三原
東京都中央区銀座5ー9ー5
17:00 - 21:30    日曜休み
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




Grilled pork ginger



 恵比寿、めし処こづち、肉生姜定食。おしゃれなお店が立ち並ぶ恵比寿駅周辺で、ホッとするたたずまいとメニューのお店。
 先日、恵比寿に勤めている友人に会いにいった際「時間合えばお昼一緒にいきましょう、劇場にお連れしますよ」といわれたことが店内に入るとよくわかる。使い込まれて年季の入った厨房は整理整頓され、4、5人のスタッフが完全分業制でそれぞれの役割をこなしている。バトンを流れるようにつなぎ、お客さんの目の前へ次々と運ばれてくる料理。不規則だけど心地よいキッチンからの音と香ばしい匂いが胃袋を刺激する。そしてお客さんたちも目の前にした料理を静かにしかし勢いよく口に運ぶ。どちらにも無駄な動きはない。
 中華三原もそうなのだけど長年続いているお店のオペレーションは、洗練されてまるで劇場で舞台を観劇しているかのような楽しさがある。それをいただくお客さんたちもエキストラとして欠かせない。ぼくもはじめてのお店で少し緊張しながら、そのお昼どきのランチタイムショーの一人として舞台に立っている。



Japanese tradisonal restaurant at Ebisu TOKYO


menu board



 この日の日替わり定食はチーズチキンカツ定食。13時前には完売してしまっていたけれど、なんとワンコイン¥500。そしてよくメニューを見ていると、ヒレかつ定食は¥980、とんかつ定食は¥850。カレーではその価格が逆転して、ヒレカツカレーが¥950でトンカツカレーは¥1,100だ。なぜだ。気になってしかたがない。これはいつか確認しなければ。けれど、次は手作りハンバーグ定食を食べてみたいのだ。
 
 また劇場にいって、目で、耳で、鼻で、五感で食事を楽しんでこよう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
めし処こづち
東京都渋谷区恵比寿1ー7ー6
10:30 - 17:00    日曜休み
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー