08 March, 2019

春の掲載誌


 九州宮崎、高千穂。雲海の名所、国見ヶ丘からの朝焼け。雲海は高千穂の町をすっかり覆い、悠久からかわらない山の姿と明けゆく空を眺めると、心持ちはまるで神話か昔話か。
 
 


 阿蘇山噴火の跡をまじかで見ることのできる高千穂峡、幻想的な真名井の滝や、伝説のいきづく高千穂の神社史跡をめぐり歩いてきました。
 高千穂神社で毎晩行われている奉納神楽では、各集落で毎年11月から2月頃まで行われる神事、朝まで夜通し踊られる夜神楽から、代表的な四つを見ることができます。今度は朝まで三十三番、通して見てみたい。

 NHKきょうの健康テキスト3月号に掲載されています。








 そして、今年もオートバイのシーズン到来♪ TouringMapple 2019リリースされました!


 今年の関東甲信越版、通常版は大井松田のおおいゆめの里から眺める富士山、リング製本のR版の背表紙もこの周辺、篠窪地区から富士見塚周辺。昨年、篠窪集落に桜の塩漬けを教えてもらいに伺った時から、ここに来たいと心に決めていました。関東甲信越R版の表紙は三保の松原、真崎海岸。真夏の表紙撮影のラストカットです。去年の夏も暑かったなぁ。担当ライダー中村さん、お疲れさまでした!
 そして、東北通常版は陸前高田市広田町を走る県道38号線。東北大震災で大きな被害を受けた広田半島にはゴキゲンに気持ちのいい道路が整備されています。このまま碁石岬まで北上して、食堂岬で海鮮丼をいただくのがいつものコース!そして東北R版の表紙は青森県下北半島、野辺地から陸奥湾の向こう津軽半島に沈みゆく夕陽です。これも実は、表紙撮影取材の最終日、連日早朝から遅くまで東北を走り続け、有終の美を飾る夕陽でした。担当ライダー賀曽利さん、今年も最高の東北紀行、ありがとうございました!
 各地域版にはグルメ情報や写真満載のミニブックが付属しています。これがまた旅心をくすぐるんですよね。2019年R版のキャッチフレーズ「道選びこそ、旅の始まり。」まさにその楽しさが凝縮されている地図となっています。東北版にのみ特別巻末付録として、「カソリの道2019」が収録されています。表紙撮影の様子が少しだけ納められているので、一緒に取材旅行に行った気分でお楽しみください(笑

 この取材後、青森から東京に戻る途中でSR400の契約書に名前を書いてきてしまいました。昨年からはツーリングマップルをカバンに入れて、バイクであちこち出かけています。実際にバイクに乗りながら使ってみると、大きさ、使い勝手、コメントや内容、本当によく考えられている二輪用地図だなぁと実感します。今年もこの地図とともにSR400で出かけ、行った場所、気づいたこと、どんどん書き込んで旅日記のような地図にしていこう。







 そして、お知らせが遅くなりましたが、フォーリンデブはっしーさんの「最強のデブリシャス」が2月22日、発売されました!
 年間1,000軒を食べ歩く食の伝道師フォーリンデブはっしーさんが、コスパが良くて、美味しくて、予約が取れて、しっかり太れる東京の厳選70軒を紹介しています。巣山が渾身の全カットお店へ行って撮り下ろしです。そしてもちろん全店しっかり食べてきました、美味しかった〜。この幸せな撮影期間中は週四でプールへ通い、良質なタンパク質をたくさん摂った分、しっかり身体に還元して過ごしてきました。今年の巣山はいい肉で構成されています(笑
 見ているとお腹が空いてくる本です。お気をつけください♪


22 February, 2019

妙見温泉ねこ写真展 & ねこ温泉本日発売 ♪




 2月22日、にゃんにゃんにゃんで猫の日。ここ最近はテレビやラジオでも騒がれて、だいぶ定着してきた感じ?なのかかな。FacebookやSNSではお伝えしていましたが、2月の頭から九州鹿児島の温泉地で開催されている写真展に参加しています。

 
 猫や犬が幸せに暮らす温泉地情報を発信し続けている「ねこ温泉いぬ温泉」さんに声をかけていただき、東京猫色から4人、全国から計7人の猫写真家が妙見温泉へ向かいました。鹿児島空港から車で20分ほどとアクセスの良い妙見温泉は国内有数のねこ密度の温泉地。7宿に17匹の看板猫!どの猫も個性的にのびのびと生きています。

 
 ここでのお知らせがすっかり遅れてしまったけれど、会期は今月いっぱい。まだまだ一週間あります!現地での写真展の良さは、写真だけでなく、宿へ行けばその猫に会える(かもしれない)ことですよね〜。ちなみに会場となっている妙見温泉ねむでは、オッドアイの長毛ねこ、ゆきくんがお出迎えしてくれます。ドバドバと贅沢に溢れる湯量も泉質も素晴らしいです。
 お近くの方はもちろん、遠方の方も飛行機でひとっ飛びで温泉&ねこ三昧はいかがですか?

 入場無料 9:00〜21:00 2月28日まで
 会場:妙見温泉ねむ(旧・妙見ホテル)








妙見温泉も紹介されている温泉宿の看板猫を紹介する本「ねこ温泉」も本日、発売です!
(妙見温泉の項でほんの少しだけ写真載せていただきました〜)

15 February, 2019

2019 小谷村大網火祭り



 雪と火のお祭り”大網火祭り”を見に、長野県と新潟県の県境に位置する小谷村大網(おあみ)地区を訪ねました。そう、2017年の2月に訪れて以来二回目の火祭りです。
 前回は、急遽、長女が生贄に抜擢されました。今回はその姿を見ていた次女が生贄に志願、念願叶っての再訪となりました。(一昨年の前回参加の様子はこちら






 毎年、二月の第二土曜日に行われている大網集落の雪と火の祭りは今年で45回目となります。冬に祭りを、という思いからはじまった大網の火祭りは、当初から「大網の衆と都会からくる衆が一緒になって楽しむ」という目的があったそうです。このあたりの経緯に関しては長野県小谷村大網・姫川温泉のことを伝え残す取り組み”むらのしるべ”に詳しく載っています。
 
大網へは集落で生活する方々の団体「くらして」主催のワークショップ「鹿の解体 皮なめし 暮らす道具」へ2015年に参加して以来、幾度か訪れていますが、毎回感じていたのは外と内、身内と他人といった日本のムラ社会的な閉塞感、隔たりをあまり意識しないでいられる点です。それは、そもそもぼくらを受け入れてくれる「くらして」の方々が小谷村への移住者だからなのかもしれないな、と一旦は腑に落ちていたのですが、どうもそれだけではないようで「大網の衆と都会からくる衆が一緒になって楽しむ」というスタンスで冬の祭りがはじまっていることを聞いて、なるほど、やはり小谷の衆の意識は外へ開いていたのだとあらためて感じます。塩の道、千国街道の要所であった小谷村には塩とともにたくさんの人の往来があったからこそなのかもしれません。いずれにしても、今も昔も旅人に居心地のいい場所であることは間違いありません。

















 今回は、鹿の解体 皮なめしワークショップで一緒だったカオリさんと、友人の写真家吉田智彦さんも一緒に小谷へ。
 この後、彼らはナノグラフィカで展示中の吉田さんの写真展「淋しさのかたまり ~1万日連続登山に懸けた父親の肖像」のため日本海経由で長野市へ向かいました。ナノグラフィカでの展示は11日で終了となりましたが、16日からは上田市のコトバヤにて3月3日まで巡回展示されます。小谷村も大網まで来ると白馬方面よりも糸魚川方面の方が近くて便利。それにしても線路も見えないほどの雪でも、大糸線は定刻通りにやってきました。すごい。(真っ白ですが、ここJR大糸線平岩駅のホームです)



今度は山菜の美味しい頃にまた来ようね。
山の神様にありがとう、元気ですって、ご挨拶しに夏の雨飾山にも登りたいなぁ。



そんで、長野でまた美味しい珈琲飲みながら、土産話に花を咲かせようっと。
やっぱりふらっと一人でバイクでも来たいのだった。。。


















04 January, 2019

あけまして

Oshiruko


あけまして、今年もぼちぼち、甘いもの。


ずいぶん間が空いてしまいましたが、元気にしています。

おわらなかったこと、はじまらなかったこと、
つづいていること、つづけていること、
おわらせること、はじめること。

いろんなものを抱え込みながら、
ぼちぼち歩いてまいります。

今年もよろしくお願いいたします。












31 October, 2018

秋空ツーリング(のぶしな〜更埴)

Overlooking the Chikuma River,at Obasute NAGANO

 「田毎の月」の棚田で有名な姨捨。千曲川の流れがたおやかな善光寺平南端の眺め。夜景で有名な景勝地は昼間にきてももちろんすばらしい。



安曇野から小谷、糸魚川、直江津経由で長野市へ行ったのち、一度、安曇野にもどって、、、


pizza_done

 安曇野に戻ると実家の近くに新しいピザ屋ができていた。真新しいログハウス調のお店、聞けば10月オープンしたばかり。さらには店主の前職はカメラマンで以前は東京で広告や雑誌を撮っていたと。さらにはバイク乗りで「雨の中ようこそ、お店をオープンしてからあなたが二人目のライダー。バイク好きなのでライダーの集える場所にしたいんだけど、これまでバイクできたのはスクーターに乗ったおばちゃん一人だけなんだよ(苦笑」と。

ランチのピザは4種類。もっちりとした生地が美味しい。オーソドックスなトマトベースも美味しいけれど、味噌ベースがこれまた新鮮な旨さ。今度は晴れた日に友人とまたきます。もちろん、オートバイに乗って。

Pizza Cafe  Done
〒399-8303 長野県安曇野市穂高4360-1
Lunch  11:30-14:30  Dinner 17:30-21:00  水曜定休


Julian

 安曇野にもどったのは彼と散歩するため。ひさびさに長い距離を歩いたね。



 昨夜から降ったりやんだりの雨にすっかり濡れながらひさびさのオートバイ暮らしを満喫している。雨風はしのげず、ひとも荷物もそんなに乗らない。ほっておけば倒れるし、音も振動もそれなりにあって。いい音で音楽やラジオを聴きながらお茶を飲みながら、ながらながらとあれこれする余裕はもちろんなくて、両手両足、体全体で操作しないとちゃんと走れない。オートバイって自動車にくらべると不便きわまりない乗り物なんだけれど、乗り物としてこっちの方が楽しいのは、いったいなんでなんだろう・・・でも、やっぱり晴れてるほうが100倍気持ちがいいよな、なんて考えながら、途中コインランドリーよって濡れた雨具や衣服と一緒にそんなヨレヨレな気分も乾かして、ふたたび長野市へ。


Strange bar,Neonhall at NAGANO

 長野の夜はやっぱりここネオンホールへ。夜遅くまでしっぽりと楽しんだ明朝、友人宅の玄関先をみて「やっぱりここにテント張って寝たいな。」と思う。たしか前回泊まったときもそうだった。けれどここにくるのはいつも真夜中。千鳥足で酔っぱらって真夜中に設営はできないんだよね。ショッキングピンクのベスパがおしゃれにたたずむ素敵なキャンプ場(のような友人宅の玄関前の芝生の庭)にいつか幕営したい。

Pink Vespa









 翌日のお昼は、信州新町、信級(ノブシナ)地区へ。昨日お世話になったすてきなキャンプ場の先輩が携わる村の食堂かたつむりへ。ここはいわゆる限界集落。以前は1300人ほどが暮らしていた山の村、今では10分の1ほどの人口に減ってしまったその限界集落出身の編集者が「のぶしなカンパニー」を立ち上げ、集える場所を作り、ひとを繋げ、発信と交流を織りなすことで限界集落ならぬ限界を突破した未来型集落を目指す場所。村の人、村を訪れる人、みんなを巻き込んで山で生きてきた”いとなみ”を繋いでいる。
 先日、アルパインクライマーの花谷泰広さんが、難度の高く前人未到のルートでの登頂に挑戦する理由を「情報がないことがなによりも贅沢なことだ」と語っていた。交通機関も不十分で、信号も自動販売機もひとつもないこの集落には商店もなく、夜はまっ暗になる、都会からみたらなにもない場所。そんな場所にぼくらがゆっくりできる居場所を作ったことも、実はとんでもなく贅沢なことなんではないかな。


Cozy cafeteria "Katatsumuri" at Nobushina NAGANO


Cafeteria "Katatsumuri" at Nobushina NAGANO


Today's set meal at Nobushina NAGANO



Coffee made from brown rice, at Nobusina NAGANO

 この日の のぶしな定食は「なすとピーマンはさみ揚げ、れんこんとしいたけ煮物、玉子焼き、パプリカのナムル、なめこの味噌汁」。素朴かつ温かな献立に欠かせない米、米ががなんといっても旨いのだ。
 食後に「信級玄米珈琲」をいただく。玄米も、それを焼く炭も、もちろん水も、すべてのぶしな地区のもの。驚きのフードマイレージ、ゼロ。ここへ飲みに来る意味のある一杯だ。

 下の写真は今年豊作のキノコの中でも香り高い香茸(コウダケ)。吊るして乾燥させているだけでも部屋中、香るほど。炊き込みご飯に入れたり、天ぷらでいただいたり、、、と、ひとによっては松茸より旨い!と聞いたので、ぜひ次回はいただいてみたい。(今回は干してあるだけ、香りだけ、、、残念。)

村の食堂かたつむり
長野市信州新町信級中村5554−1
11:30 - 17:00(金曜日の夜はバル営業!!)
月曜定休 / 0262-19-2470


Unique fragrant aroma mushroom,"Kobu-Take"


Old elementary school at Nobushina NAGANO

 再訪を誓って、のぶしな地区をあとにして東京への帰路へついた。居心地のいいのぶしな地区で、ついついのんびりとすごしてしまったけれど、日没前には無事帰宅。
 単気筒のYAMAHA SR400で初の海は日本海だったね、雨にも降られてトータル1,007kmの秋のツーリング。風は少し冷たくなってきたけど、まだまだ、いい季節だ。


R19 and Sai river